白無垢

白無垢のルーツは室町時代。当時、白は神聖で潔白、清浄とされ、吉凶いづれにも使われていた色です。そこで花嫁衣裳も白小袖(現在の着物の原型)に白の細帯を締め、掻取(打掛の原型)を着た上に、白の被衣をかぶりました。これが白無垢の始まりです。 白は何色にでも染まる色。嫁ぎ先の色に染まりますという意味を込めた決意のお衣装です。

pagetop