色打掛

打掛は、元々武家の花嫁衣裳。武家の女性の礼装スタイル。 小袖に、帯を締めた上から、さらに大きめのお袖を打ち掛けて着るとされたのが、現在の「打掛」として伝わっています。 披露宴の際、お色直しとして着られる色打掛は、挙式が終わり嫁ぎ先の色に染まり、娘になりましたというメッセージが込められたお衣装で、織や、染め、刺繍などで豪華さを出した日本伝統技法を取り入れたお衣装です。

pagetop